* 横浜 田中動物病院 > エキゾチックアニマルの病気
小動物・エキゾチックアニマルの治療(モルモット,チンチラ,デグー,プレーリードッグ,シマリス,モモンガ,ハリネズミ,フェレット,小鳥など)
エキゾチックアニマルの病気
マイクロチップ
マイクロバブル
トリミングとペットホテル
STAFF募集
アンケート
来院時のお願い 駐車場のご案内 夜間の診療はこちらへ アニマルライフパートナー 子犬の成長記録 アニコム動物保険 カード
小動物の病気

エキゾチックアニマルとは本来、「外国産の動物」や「変わった動物」と解釈されますが、一般的には犬,猫以外の小さなペット(小動物)をエキゾチックアニマルと呼びます。
当院ではウサギ、ハムスター、フェレット、小鳥、その他小型哺乳動物の診察をしており、これまでに実際に来院し、診察した小型哺乳動物にはモルモット、チンチラ、デグー、プレーリードッグ、シマリス、モモンガ、ハリネズミなどがいます。

犬や猫と違い、エキゾチックアニマルはほとんどが被捕食動物(フェレットを除く)なので、病気を隠す習性があります。飼主様が気がついた時には重症化している事が多いため、普段からエキゾチックアニマルの健康状態を観察し、異常があれば早めに動物病院に御来院ください。
エキゾチックアニマルに属する動物の種類は無数あり、かつ年々増加しています。新しい動物種もあり、なるべく対応していますのでご相談ください。

小動物の病気
ハムスターの病気
ウサギの病気
正しい飼育方法

正しい飼育法(食事,温度管理など)で予防できる病気や事故が多数あります。
またこれまでに言われてきた、飼育方法(特に食事)に大きな間違いがあったり、飼主様が健康と思っていても実際に診察すると栄養不良だったり、何らかの病気にかかっているということがよくあります。健康診断や飼育法などの御相談に御来院ください。

※来院時に食事・おやつ等、また実際に使用しているケージも可能であれば持ってきてください。